≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 なんか大会開いちゃうので… 

大会までにテキトーに草ポケの育成論でもブログに書き残しておこうと思う。
これ見て草ポケ育成の参考にしていただければと…(というか、半分自己満感は否めないが…w)


というわけで第1回の草ポケは【ユレイドル】です。
動画や生放送で散々ユレイドルの強さはご存じ(かな?w)だろうと思われますが、その強さの秘密はタイプ。
岩/草なので草を狩りに来た炎飛行虫タイプをことごとく狩れる頼れる先生です。というか草タイプに岩はものっそい相性いいのですw草の弱点である炎飛行毒には今一つ、虫氷には岩技が抜群で通るし…岩の弱点の水草地面は等倍となる…素敵…!!



ではでは、ここから育成論


1.物理受けマキロン型
性格:ずぶとい
努力値:H252,B252,A6
技構成:自己再生、ミラーコート、ストーンエッジ、地震
持ち物:オボンの実orラムの実

言わずと知れたウチのユレイドルの型、通称マキロン型wwテンプレ型とも言う…
ユレイドルはH全振りだとBに振ってなくとも陽気ゴウカザルのインファイトを高確率で耐えてくれる(つまり低乱数1って事ですな)ので、この型はかなりの物理耐久力を誇る。もともと種族値108特防のおかげでDに振ってなくても不一致冷凍ビームくらいなら全然耐えるのでミラコも決めやすい。
問題は攻撃力の無さで…例えインファを耐えたとしても防御が一段階下がった猿を地震で落とせない。同様にハッサムや物理格闘タイプにはどうしようも無く負ける。
ついでに泥沼耐久型にも弱い。物理技の威力が半減となる火傷も天敵である。

持ち物はオボンが凄く使いやすい。ラムも選択肢の一つ。

泥沼耐久ユレイドルもありかもしれないが…その場合は砂パで耐久したいね…泥沼にするならバリアーや度忘れとかいう技もあるし…
その場合は持ち物が食べ残しかな?程度


2.アタッカー仕様
性格:後述
努力値:後述
技構成:ストーンエッジ、地震or種爆弾、自己再生orミラーコート、剣の舞orロックカットorのろい
持ち物:ご自由に

元々そこそこある耐久力にプラス攻撃力加えたハマれば強いハズのアタッカー仕様。ミラコ、自己再生はお好み。
弱点は素早さの低さ。耐久力も落ちているので猿やマニュに弱いかもしれない…
とりあえず、積み技の選択肢は3つ
・1つ目は剣の舞。
単純に攻撃力の増強する優秀な積み技。一回積んで持ち物が珠の場合はいじっぱりH全振りメタグロスが確定1発で落ちる。タイプ一致エッジは珠込みでH振りハッサムが確1。剣舞の弱点は素早さの問題。耐久力が減っているので素早くて高い攻撃力を持つ物理アタッカーには手も足も出ない事。(特殊アタッカーはミラコがあるが、正直自己再生のが安定してる気がする…)
・2つ目はロックカット。
攻撃力の増強ではなく、剣舞型の弱点である素早さを底上げしてアタッカー運用していく。この場合、岩雪崩が優秀なメインウェポンとなる。ひるみうめえwww
弱点は単純にAに全振りしていてもイマイチな攻撃力は変わらない事。それと130族抜き調整は性格陽気で且つ、努力値を228振らなければならない事。流石に228は厳しいのでロッカでどこまで抜くかはお好み。(因みに性格陽気でリザやマンダがいる100族抜き調整の努力値は115振り。なのでここを基準にどれだけ努力値を振るかはお好みだと思う。)
・3つ目はのろい。
攻撃力も上げつつ、耐久も上げる便利な技。のろいを使う場合技スペースに眠る入れてねむカゴでも面白いかななんて思うが…自己再生でおkだね…w
なんだかんだでのろいが一番安定して強い気がしてならない。努力値はHA、もしくはブラッキーみたいなHDに全振りでいいし…問題は遺伝がめんどくさいって事くらいかな?というか劣化ブラッキー臭い…





3.特殊アタッカー
性格:ひかえめ
努力値:H252,C252,B6
技構成:自己再生、目覚めるパワー、大地の力or草結びor原子の力
持ち物:ご自由に
実は攻撃と特攻の種族値が同じなので普通に特殊アタッカーとしても運用可能。
特殊アタッカーとして使用する場合の最大の利点は目覚めるパワーが使用可能だという事。めざパのタイプは炎一択。これによって弱点の氷、虫、鋼に対して対抗策が出来た。特にハッサム、エアームドを狩りに行ける。
メインウェポンは3つから2つ選ぶ感じ。それぞれ一長一短。
問題は耐久面と素早さ。例えば、この努力値振りだとテクニシャンハッサムのバレパンが確定2発となり、オッカ持ちハッサムやHDハッサムにめざパを撃っても耐えられてしまう。むしろ、テクニシャンハッサムの虫食いが乱数で落ちる。
それと致命的に技の威力が貧弱な事。物理と違って積み技も無いのである程度耐久もあるアタッカーには根負けしてしまいがちか…?一応、自己再生もあるが…




頭が回らん状態で記事書いてみたが…こんな感じで草ポケモンの救世主ユレイドルの育成記事完了。
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

ユレイドル強いですよね
HD振りでうちのパーティーの隠れた電気受けとして重宝してます。案外ノーマークです
フルアタはカモですね。急所で墜ちるのはよくあること
草パ応援してます、頑張ってください
ユレイドル強いてすね
参考にして育ててみます。
>いーいーさん
なるほど…電気受けか…電気はめざ氷が怖いですがユレの耐久ならめざ氷は怖くないですからね…
先生が急所で落ちるのはもはやデフォゲなのだろうか…ww
応援ありがとうございます。これからもがんばりますのでよろしければ見てやって下さい><

>ぜかさん
ユレイドルは草統一をするうえで欠かせない存在となりました。頼もしいですわw
この記事へコメントする















マキロン〇

Author:マキロン〇
マキロン〇というドMが日々精進している様子がわかるかもしれないブログです。

連絡用メールアドレス:makironmaru@yahoo.co.jp
ツイッター:http://twitter.com/makironO

Twitter ブログパーツ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。