≪ 2011 11                                                2012 01 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 2011年12月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 新シリーズ 

はい、というわけで新動画シリーズの始まりです。


まあ、動画についての裏話も色々ありますが、この記事ではこれからメインで使っていくPTの紹介をしていきたいと思います。


▼続きを読む▼

スポンサーサイト

 やっぱりおとこまえ! 

お待たせいたしました。
前回から投げ出していたジュカインの考察の後編記事となります。
早速、前回の続きから筆を進めて…と行きたいところですが、その前に小噺をひとつ。

僕の高校時代の話になりますが、高校当時僕は遊戯王にハマっていました。
遊戯王ってTCGはあまりにもお金がかかりすぎるので今ではすっかり足を洗ってしまっていますが、よく高校生の財力で続けられたなぁと今では自分自身に感心するばかりです。
さて、僕が遊戯王をしていた当時の環境は『ゾンビキャリア』や『ゴブリンゾンビ』全盛期の時代。(遊戯王知らない人には解り辛い話でゴメンね)『生還の宝札』とゾンビモンスターの墓地蘇生のシナジー、『ゴヨウガーディアン』『氷結界の龍ブリューナク』等の強力なシンクロモンスターの台頭、更に遊戯王史に残る最凶のフィニッシャー『ダーク・ダイブ・ボンバー』によってまさに環境は地獄絵図でした。(まあ、その前の環境がドグマブレード全盛期だったんですけどネ…^^;)
そんな中、僕が遊戯王を始めた頃から一貫して使っていた主力デッキは『王宮の弾圧』や『スキルドレイン』『フォッシル・ダイナパキケファロ』等を中心にして組んだ【メタビート】。つまり、環境に対してメタを張るデッキを好んで使っていたんですね。

そんな僕のプレイスタイルは時が進んで遊戯王からポケモン対戦に変わった今でも表れていると自負しています。

どういう事か?
僕が好んで使っている草タイプというポケモンが環境に対してメタを張るタイプ種族であるという事です。
草タイプが環境へのメタになっているという事はこれまでも散々論じている事なので省略。問題は草タイプである今回の主役『ジュカイン』は現ポケモンの環境にどういう風に切り込んでいけるかという事です。

ジュカインというポケモンを遊戯王のカードに例えるのであれば、高い攻撃力制圧力で相手の行動を阻害する『ライオウ』や『死霊騎士デスカリバー・ナイト』辺りでしょうか?水タイプや雨パ砂パに対して高い打点から撃ち降ろされるその制圧力を例えるにふさわしいと思います。

では、本題。そのジュカインとピッタリのパートナーは何か?
遊戯王で言うなればフィールドを守るカード、『神の宣告』や『魔宮の賄賂』等の防御と攻撃を兼ね備えたカウンター罠的なカードではないでしょうか?

結論からズバリ。ジュカインと相性のいいポケモンは岩タイプです。
攻撃性能が高く、草タイプと相性の面からも有能である岩タイプ(草タイプの弱点である炎、飛行、虫に対して弱点を付ける上に弱点の水や地面は草タイプのカモである)、鈍足重火力が多い岩タイプとの役割の面からでも非常に優秀なベストパートナーであると言えそうです。

元々それなりに他タイプと組み合わせると真価を発揮する草タイプですが(草タイプというタイプ面だけを考えると例えば水タイプや炎タイプとも相性は良い)高機動低耐久のジュカインとタッグを組むにはそれを補える岩タイプを一緒に組ませた方がよりスムーズに役割を遂行できそうでしょう。


ここまでは文章での抽象的な説明でしたので具体例を挙げて解説していきましょう。

・ジュカインとのベストコンビその1 アバゴーラ
アバゴーラというと頑丈からの殻破りで無双を狙う型が有名ですが、ここで出すアバゴーラは以前紹介したこちらの記事に書かれてある(http://makironmaru.blog102.fc2.com/blog-entry-37.html )ハードロック型アバゴーラ通称『マヨゴーラ』と呼ばれる型での話として進めてまいります。(こちらのマヨゴーラについて詳しく知りたい方はマヨゴーラ発案の方のブログへ

以前にもPT紹介としてジュカイン+アバゴーラを軸としたPTを紹介しましたが改めてもう一度。
ジュカイン+アバゴーラ軸は強い!コレ

相性の面はもちろんの事、お互いに狩れるポケモンの範囲がかなり広く非常に攻撃的な布陣です。
また、アバゴーラが苦手とする水や水地面タイプ、ジュカインが苦手とする炎、飛行タイプをお互いがカバーしあえています。ここがミソですね。ナイスコンビネーション!
本来どちらも後出しし辛いポケモンなのですが、この弱点の補わせが功を奏して若干強引に後出しして相手の受けを許さずに狩る事が出来ちゃうのです。


・その2 テラキオン
さて、先ほど僕は『鈍足重火力が多い岩タイプとの役割の面からでも非常に優秀なベストパートナーである』といいましたが、テラキオンはどちらかというと低耐久高速ATの部類です。
役割被ってるじゃん。何故テラキオンがベストパートナー?と思われるでしょうが実際案外そうでもないのです。

このジュカイン+テラキオン軸ですが、現在制作中の動画の内容に抵触しているので動画完成後に宣伝と一緒に紹介していきたいと思います。(というか動画内でのPTのコンセプトの説明は一切行ってないので動画紹介記事と共にPT紹介していきたいと思っています。単体の紹介は動画内でしてるんですけどね。)



というわけで長々とジュカインに関しての考察を行ってきましたが、最後に一つ。
ジュカイン+岩タイプの致命的な弱点が存在している事に触れておきます。

それは格闘タイプの処理が非常に重くなる事です。

物理防御が紙同然のジュカインと格闘弱点の岩タイプだと当たり前ですね。
PTを構築する際は格闘対策を怠らないように他のポケモンで補ってあげてください。

以上、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
前篇でも申し上げましたが、僕のジュカイン考察はまだまだ未完成の段階です。
現在僕は草ポケモンを如何に現環境で活躍させる事が出来るかに重点を置いて研究しています。
ジュカイン他様々な草ポケモンが環境トップに君臨する……いや、させる事を夢見てここで筆を置こうと思います。

マキロン〇

Author:マキロン〇
マキロン〇というドMが日々精進している様子がわかるかもしれないブログです。

連絡用メールアドレス:makironmaru@yahoo.co.jp
ツイッター:http://twitter.com/makironO

Twitter ブログパーツ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。