≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -
 草ポケ育成論…?の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 やっぱりおとこまえ! 

お待たせいたしました。
前回から投げ出していたジュカインの考察の後編記事となります。
早速、前回の続きから筆を進めて…と行きたいところですが、その前に小噺をひとつ。

僕の高校時代の話になりますが、高校当時僕は遊戯王にハマっていました。
遊戯王ってTCGはあまりにもお金がかかりすぎるので今ではすっかり足を洗ってしまっていますが、よく高校生の財力で続けられたなぁと今では自分自身に感心するばかりです。
さて、僕が遊戯王をしていた当時の環境は『ゾンビキャリア』や『ゴブリンゾンビ』全盛期の時代。(遊戯王知らない人には解り辛い話でゴメンね)『生還の宝札』とゾンビモンスターの墓地蘇生のシナジー、『ゴヨウガーディアン』『氷結界の龍ブリューナク』等の強力なシンクロモンスターの台頭、更に遊戯王史に残る最凶のフィニッシャー『ダーク・ダイブ・ボンバー』によってまさに環境は地獄絵図でした。(まあ、その前の環境がドグマブレード全盛期だったんですけどネ…^^;)
そんな中、僕が遊戯王を始めた頃から一貫して使っていた主力デッキは『王宮の弾圧』や『スキルドレイン』『フォッシル・ダイナパキケファロ』等を中心にして組んだ【メタビート】。つまり、環境に対してメタを張るデッキを好んで使っていたんですね。

そんな僕のプレイスタイルは時が進んで遊戯王からポケモン対戦に変わった今でも表れていると自負しています。

どういう事か?
僕が好んで使っている草タイプというポケモンが環境に対してメタを張るタイプ種族であるという事です。
草タイプが環境へのメタになっているという事はこれまでも散々論じている事なので省略。問題は草タイプである今回の主役『ジュカイン』は現ポケモンの環境にどういう風に切り込んでいけるかという事です。

ジュカインというポケモンを遊戯王のカードに例えるのであれば、高い攻撃力制圧力で相手の行動を阻害する『ライオウ』や『死霊騎士デスカリバー・ナイト』辺りでしょうか?水タイプや雨パ砂パに対して高い打点から撃ち降ろされるその制圧力を例えるにふさわしいと思います。

では、本題。そのジュカインとピッタリのパートナーは何か?
遊戯王で言うなればフィールドを守るカード、『神の宣告』や『魔宮の賄賂』等の防御と攻撃を兼ね備えたカウンター罠的なカードではないでしょうか?

結論からズバリ。ジュカインと相性のいいポケモンは岩タイプです。
攻撃性能が高く、草タイプと相性の面からも有能である岩タイプ(草タイプの弱点である炎、飛行、虫に対して弱点を付ける上に弱点の水や地面は草タイプのカモである)、鈍足重火力が多い岩タイプとの役割の面からでも非常に優秀なベストパートナーであると言えそうです。

元々それなりに他タイプと組み合わせると真価を発揮する草タイプですが(草タイプというタイプ面だけを考えると例えば水タイプや炎タイプとも相性は良い)高機動低耐久のジュカインとタッグを組むにはそれを補える岩タイプを一緒に組ませた方がよりスムーズに役割を遂行できそうでしょう。


ここまでは文章での抽象的な説明でしたので具体例を挙げて解説していきましょう。

・ジュカインとのベストコンビその1 アバゴーラ
アバゴーラというと頑丈からの殻破りで無双を狙う型が有名ですが、ここで出すアバゴーラは以前紹介したこちらの記事に書かれてある(http://makironmaru.blog102.fc2.com/blog-entry-37.html )ハードロック型アバゴーラ通称『マヨゴーラ』と呼ばれる型での話として進めてまいります。(こちらのマヨゴーラについて詳しく知りたい方はマヨゴーラ発案の方のブログへ

以前にもPT紹介としてジュカイン+アバゴーラを軸としたPTを紹介しましたが改めてもう一度。
ジュカイン+アバゴーラ軸は強い!コレ

相性の面はもちろんの事、お互いに狩れるポケモンの範囲がかなり広く非常に攻撃的な布陣です。
また、アバゴーラが苦手とする水や水地面タイプ、ジュカインが苦手とする炎、飛行タイプをお互いがカバーしあえています。ここがミソですね。ナイスコンビネーション!
本来どちらも後出しし辛いポケモンなのですが、この弱点の補わせが功を奏して若干強引に後出しして相手の受けを許さずに狩る事が出来ちゃうのです。


・その2 テラキオン
さて、先ほど僕は『鈍足重火力が多い岩タイプとの役割の面からでも非常に優秀なベストパートナーである』といいましたが、テラキオンはどちらかというと低耐久高速ATの部類です。
役割被ってるじゃん。何故テラキオンがベストパートナー?と思われるでしょうが実際案外そうでもないのです。

このジュカイン+テラキオン軸ですが、現在制作中の動画の内容に抵触しているので動画完成後に宣伝と一緒に紹介していきたいと思います。(というか動画内でのPTのコンセプトの説明は一切行ってないので動画紹介記事と共にPT紹介していきたいと思っています。単体の紹介は動画内でしてるんですけどね。)



というわけで長々とジュカインに関しての考察を行ってきましたが、最後に一つ。
ジュカイン+岩タイプの致命的な弱点が存在している事に触れておきます。

それは格闘タイプの処理が非常に重くなる事です。

物理防御が紙同然のジュカインと格闘弱点の岩タイプだと当たり前ですね。
PTを構築する際は格闘対策を怠らないように他のポケモンで補ってあげてください。

以上、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
前篇でも申し上げましたが、僕のジュカイン考察はまだまだ未完成の段階です。
現在僕は草ポケモンを如何に現環境で活躍させる事が出来るかに重点を置いて研究しています。
ジュカイン他様々な草ポケモンが環境トップに君臨する……いや、させる事を夢見てここで筆を置こうと思います。

スポンサーサイト

 おとこまえ 

お久しぶりです。マキロンです。

あれから音沙汰なかったですが、元気にはしてました。twitterには頻繁に呟いていました。
さて、唐突ですがたまにはポケモン的な話もしたくなったので今回は徹底的にポケモンの話をします。

テーマはジュカイン。いつも活躍してくれているエースなのにそういえば一度も触れたことがなかったので(白目)
ジュカインに関しては自分も現在進行形で様々な考察をしているので研究発表会的なノリでお楽しみください。
文章がぐちゃぐちゃになりそうなのでもし見辛かったらお察しください。
それでははじまりはじまり~


ジュカイン
31102.png

HP:70
攻撃:85
防御:65
特攻:105
特防:85
素早:120

105という比較的高い特攻、120族という高い素早さと多彩な技を持っており、高火力高機動を地でいくポケモンの1体
反面低耐久であり、受けて繰り出すという使い方はし辛いが、草タイプの特徴である水地面をピンポイントで破壊していく

猛威を振るっている水ロトムやニョロトノ、ブルンゲル、トリトドン等々水ポケモンを中心に多くの働きをしてくれるでしょう。
草ポケモン全般の話ですが、今作で大流行している砂雨に対して草ポケはかなり強いです。ジュカインもまた天候変化要因のトノ、カバ、バンギ(は厳しいけど)を崩していけるわけですね。(単に天候パを意識するのであればユキノオーの方がいいのですが)

さて、ここからはいくつかセクションにわけて話を進めていこうと思います。
①型考察(深緑編)
②型考察(夢特性編)
③型考察(全般に渡って)
☆④組み合わせ次第で力が2倍にも3倍にも


長くなりそうなのでここで折り込み

▼続きを読む▼

 草悪ポケモンを使ってみたい! 

やほー、マキロン〇です。

なんと、久しぶりの草ポケ育成論()の回ですw
たまにはテキトーにツラツラと書いてみるのもいいんじゃない?って事で…今回は草悪ポケモンである2体のポケモンに焦点を絞っていきたいと思います。


・草悪ポケモンって…?
草タイプのデメリットの一つである弱点の多さ、元々炎、飛行、虫、毒、氷と5つの弱点を保有しているにも関わらず、そこに悪タイプが複合することで更に格闘タイプが2倍、虫タイプは4倍の6つの弱点を有してしまっています。
確かに弱点のみを見れば受けが効きずらく使い勝手が悪いように見えますが…逆に半減を見てみましょう。
草タイプが元々半減する水、電気、地面、草に加えてエスパー無効、ゴースト、悪半減と現環境でメジャーどころのタイプを半減にするかなり優秀なタイプであることがわかります。

草悪タイプの一番のメリットは攻めの性能です。水、地面、岩、エスパー、ゴースト…と、受けポケモンが多いタイプ(特に水、ゴースト、エスパーですね)に対して弱点がかなり付きやすいわけです。

つまり草悪タイプは受けが効きづらいがピンポイントで相手の受けを崩せる優秀なアタッカー気質という事です。


・ダーテングとノクタスの差
さて、草悪ポケにはダーテングとノクタスの2体のポケモンがいます。この同じタイプの2体ですが、実はかなり特徴が異なっており好みが非常に分かれるポケモンなのです。

結論から先に言うのであれば僕はこの2体の区別は草タイプのダーテング悪タイプのノクタス
こういうふうに考えています。
つまり、草タイプとして使いたいのであればダーテング、悪タイプのATとして使いたいのであればノクタスだと思います。


①主な技の違い
【ダーテング】
リーフストーム、凍える風、自然の力(地震)、大爆発(ただし弱体化)、ローキック、吹き飛ばし、シザークロスetc...

【ノクタス】
馬鹿力、気合パンチ、みちづれ、カウンター、爆裂パンチ、すり替え、金縛りetc...


②種族値の違い
【ダーテング】
HP:90
攻撃:100
防御:60
特攻:90
特防:60
素早:80

【ノクタス】
HP:70
攻撃:115
防御:60
特攻:115
特防:60
素早:55


この①②から分かる事は器用さを持ち、高火力技広範囲技を保有するダーテング 単純火力が高く、相性が悪くても読みゲーに持ちこむことが出来るノクタス
自分が特に注目したいところはタイプ一致技の違いですね。
確かにノクタスの方が種族値的には勝ってますが一致技の火力だけをみるとノクタスの一致最高技は種爆弾(威力80)と悪の波動(威力80)なのですね。単純火力に勝っていてもリーフストーム(威力140)を覚えるダーテングに一致技の火力で負けてしまいます。
更にダーテングは現環境での自然の力の地震化に伴い、草悪タイプが苦手とする鋼への安定した技(ノクタスにも格闘技はあるが馬鹿力、気合P、けたぐりとどれも不安定技である)を持っており、凍える風、ローキックという玄人好みの器用な技での器用な立ち回りができる点でもかなり評価が高いです。


以上の事から自分は初めに草タイプのダーテング、悪タイプのノクタスと説明したわけですね。そもそも一致草技の総合火力は天狗>ノクタスですが、一致悪タイプの火力は天狗<ノクタスとなるのは明らかです。(悪技の再高打点が威力80しかないってのは欠点ですが…w)
総合力のダーテングと突破力のノクタスこの2体はタイプこそ同じですが全く違う2体なのですね。



さて、オススメ型を紹介しようと思いましたが…第5世代がまだ未知数である(というよりは第5世代の天狗ノクタスの動きをまだ僕がうまくつかめていないのが原因で…w)という理由でここはお休みorz

その内、ACD振りヨプ天狗と襷以外の持ち物を持ったノクタスの型の紹介をする機会があると思うのでお楽しみに…w


 おーおーオワタッコ\(^o^)/ 

誰得?俺得の草ポケ育成論上げたいと思いますわ…


ジュカイン、ルンパと悩んだけども今回の主役は【ワタッコ】にしたいと思います。


ワタッコと言えば、みがやどでいやらしく戦うイメージがありますが、その幻想はぶちk(ry


みがやどに頼らない戦法をいくつか考えているのでそれを書き記していこうと思います。

これ見てワタッコハジマタッコ\(^o^)/って言ってくれればそれで幸いです。


1・剣舞アタッカー
性格:ようき
努力値:A252,S252,H6
技構成:剣の舞、燕返しor種爆弾orとんぼ返り、アンコールor眠り粉
持ち物:半減実or威力増強アイテム(要はご自由に)

前々から絶対に作ってみたいと思ってるワタッコの型。格闘を受けてアンコor粉して舞って燕返しをするという事がしたいんです…(´・ω・`)
AC種族値が55というアタッカーには向いてないワタッコですが、一度舞ってしまえば燕返しでヘラクロスは確1。エルレイドやチャーレム(スカフ冷Pで\(^o^)/ってなりますけども…w)も一応無振りなら確定1発で沈める事が出来ます。
問題は1回舞っただけではその微妙な攻撃力を補う事が出来ず、最低2回舞わなければ安心してアタッカー運用し辛いということですね。
しかも、それでようやく普通のアタッカー並みの攻撃力なので耐久型や相性の悪い相手がやって来ると\(^o^)/です。
つまりは出す相手が限られると…自分より遅い相手を流しながら積みましょう。

因みに自然の恵みも面白いと思う…Sは4倍ドラゴンより早いので先手取ってヤチェぶつけてやれば爽快…!?




2・晴れ始動型
性格:おくびょう
努力値:S252,C252,H6
技構成:日本晴れ、ソーラービーム、置き土産orアンコールor粉
持ち物:あついいわ

どこかで見たことがある晴れ始動型のワタッコ。
ワタッコで晴れ始動するメリットは色々あるんですが…まずSが110あるので素で先制して晴らす事が出来るのが一番のメリット。
持ち物はタスキという選択肢もありますが、正直晴れの5ターンは短すぎるので出来ればあついいわを持たせたいところです。耐久面は意外とあるので、弱点を突かれない限り1発は耐えてくれます。(その弱点が多いのが草タイプなんですけどね…wしかも氷4倍で炎2倍は辛いですorz)
本格的に晴れサポートだけを考えるならばソラビを補助技にして、努力値をHに振ればいいですが、ただでさえ補助技を警戒されるワタッコの技が全部補助技にすると挑発で詰むのでワタッコに1つは攻撃技を入れておくべきというのが持論です。(性格を陽気にしてとんぼ返りでもいいかもねw)
そもそもワタッコのCはあまりないのでC全振り一致ソラビでも微妙な火力しか出せないのが弱点。やはり置き土産で早いところ散ってもらうのが一番かもね…w
ワタッコオワタッコ\(^o^)/







というわけでワタッコの育成論は2つしか思いつかなかったけどもまた思いついたらテキトーに記事にしてしまおう。
ワタッコ育成論作成完了。

 なんか大会開いちゃうので… 

大会までにテキトーに草ポケの育成論でもブログに書き残しておこうと思う。
これ見て草ポケ育成の参考にしていただければと…(というか、半分自己満感は否めないが…w)


というわけで第1回の草ポケは【ユレイドル】です。
動画や生放送で散々ユレイドルの強さはご存じ(かな?w)だろうと思われますが、その強さの秘密はタイプ。
岩/草なので草を狩りに来た炎飛行虫タイプをことごとく狩れる頼れる先生です。というか草タイプに岩はものっそい相性いいのですw草の弱点である炎飛行毒には今一つ、虫氷には岩技が抜群で通るし…岩の弱点の水草地面は等倍となる…素敵…!!



ではでは、ここから育成論


1.物理受けマキロン型
性格:ずぶとい
努力値:H252,B252,A6
技構成:自己再生、ミラーコート、ストーンエッジ、地震
持ち物:オボンの実orラムの実

言わずと知れたウチのユレイドルの型、通称マキロン型wwテンプレ型とも言う…
ユレイドルはH全振りだとBに振ってなくとも陽気ゴウカザルのインファイトを高確率で耐えてくれる(つまり低乱数1って事ですな)ので、この型はかなりの物理耐久力を誇る。もともと種族値108特防のおかげでDに振ってなくても不一致冷凍ビームくらいなら全然耐えるのでミラコも決めやすい。
問題は攻撃力の無さで…例えインファを耐えたとしても防御が一段階下がった猿を地震で落とせない。同様にハッサムや物理格闘タイプにはどうしようも無く負ける。
ついでに泥沼耐久型にも弱い。物理技の威力が半減となる火傷も天敵である。

持ち物はオボンが凄く使いやすい。ラムも選択肢の一つ。

泥沼耐久ユレイドルもありかもしれないが…その場合は砂パで耐久したいね…泥沼にするならバリアーや度忘れとかいう技もあるし…
その場合は持ち物が食べ残しかな?程度


2.アタッカー仕様
性格:後述
努力値:後述
技構成:ストーンエッジ、地震or種爆弾、自己再生orミラーコート、剣の舞orロックカットorのろい
持ち物:ご自由に

元々そこそこある耐久力にプラス攻撃力加えたハマれば強いハズのアタッカー仕様。ミラコ、自己再生はお好み。
弱点は素早さの低さ。耐久力も落ちているので猿やマニュに弱いかもしれない…
とりあえず、積み技の選択肢は3つ
・1つ目は剣の舞。
単純に攻撃力の増強する優秀な積み技。一回積んで持ち物が珠の場合はいじっぱりH全振りメタグロスが確定1発で落ちる。タイプ一致エッジは珠込みでH振りハッサムが確1。剣舞の弱点は素早さの問題。耐久力が減っているので素早くて高い攻撃力を持つ物理アタッカーには手も足も出ない事。(特殊アタッカーはミラコがあるが、正直自己再生のが安定してる気がする…)
・2つ目はロックカット。
攻撃力の増強ではなく、剣舞型の弱点である素早さを底上げしてアタッカー運用していく。この場合、岩雪崩が優秀なメインウェポンとなる。ひるみうめえwww
弱点は単純にAに全振りしていてもイマイチな攻撃力は変わらない事。それと130族抜き調整は性格陽気で且つ、努力値を228振らなければならない事。流石に228は厳しいのでロッカでどこまで抜くかはお好み。(因みに性格陽気でリザやマンダがいる100族抜き調整の努力値は115振り。なのでここを基準にどれだけ努力値を振るかはお好みだと思う。)
・3つ目はのろい。
攻撃力も上げつつ、耐久も上げる便利な技。のろいを使う場合技スペースに眠る入れてねむカゴでも面白いかななんて思うが…自己再生でおkだね…w
なんだかんだでのろいが一番安定して強い気がしてならない。努力値はHA、もしくはブラッキーみたいなHDに全振りでいいし…問題は遺伝がめんどくさいって事くらいかな?というか劣化ブラッキー臭い…





3.特殊アタッカー
性格:ひかえめ
努力値:H252,C252,B6
技構成:自己再生、目覚めるパワー、大地の力or草結びor原子の力
持ち物:ご自由に
実は攻撃と特攻の種族値が同じなので普通に特殊アタッカーとしても運用可能。
特殊アタッカーとして使用する場合の最大の利点は目覚めるパワーが使用可能だという事。めざパのタイプは炎一択。これによって弱点の氷、虫、鋼に対して対抗策が出来た。特にハッサム、エアームドを狩りに行ける。
メインウェポンは3つから2つ選ぶ感じ。それぞれ一長一短。
問題は耐久面と素早さ。例えば、この努力値振りだとテクニシャンハッサムのバレパンが確定2発となり、オッカ持ちハッサムやHDハッサムにめざパを撃っても耐えられてしまう。むしろ、テクニシャンハッサムの虫食いが乱数で落ちる。
それと致命的に技の威力が貧弱な事。物理と違って積み技も無いのである程度耐久もあるアタッカーには根負けしてしまいがちか…?一応、自己再生もあるが…




頭が回らん状態で記事書いてみたが…こんな感じで草ポケモンの救世主ユレイドルの育成記事完了。

マキロン〇

Author:マキロン〇
マキロン〇というドMが日々精進している様子がわかるかもしれないブログです。

連絡用メールアドレス:makironmaru@yahoo.co.jp
ツイッター:http://twitter.com/makironO

Twitter ブログパーツ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。