≪ 2017 08                                                2017 10 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 このブログについて 

このブログはマキロンの投稿した動画についてあれこれ喋ったり、ポケモンについて喋ったり、時たま書いてる小説&TRPGリプレイのうpをしたりしなかったりする場です。
割と多ジャンルについて色々と喋りますのでご了承を


ニコニコにうpされている『草ポケモン好きな初心者が草統一パでバトレボ実況』他、僕の投稿動画についてのご意見、ご感想等はこの記事にコメントしてくださると幸いです。

ニコニコ生放送用コミュニュティーはこちら
(現在生放送は休止中です)

また、マキロンとの対戦を希望なさる方もとりあえず、ここにコメントしてください。ドシドシ受け付けてますよw


チャットを開設しました。生放送時の枠待ち、枠外でのリスナー同士の交流等々にお使いください。
http://www.cometeo.com/room/ssCxxCjU/

スポンサーサイト

 さて 

匿名でこのようなコメントを頂きました。


>乱数否定派です
>いつもははぐらかしてますが、はっきり言ってしまうと認めません。
>乱数という行為がグレーゾーンなのは乱数使用者であっても分かっていることだと思いますが、例えそれを必要悪だ>と言っても僕は許したくはありません。

>とあなたはおっしゃってますが、最近乱数による孵化をおこなったり、乱数準伝説を使用されていますね。
>その心境の変化を書かれないのは何故なのでしょうか。
>発言に責任を持たないのは卑怯だと思いますが、その点どうお考えなのでしょうか。




今日はこれについて話したいと思います。















まず、このコメントについて、ブログの更新をしていなかった事で気付くのに遅れてしまい、返信が遅くなった事をお詫び申し上げます。
ご指摘の中にあった僕の発言についてですが、この記事を書いたのは2011年1月…1年前ですね。
1年の間に僕の中に心境の変化が生まれたのは事実です。
その上で、発言に対しての責任が欠如していたというご批判は全面的に正しく、自分の落ち度であり、謝らなければならない事だと思います。本当に申し訳ありませんでした。

さて、1年前と比べた現在の自分の持論についてですが、先ほど変化があったと言いましたが、実は根幹の部分は全く変わってないです。寧ろ確固たるものにしたと言ってもいいです。乱数否定派です。
ただし、1年前と違う点は『積極的』から『消極的』に変わったところでしょう。
ここで言う『積極的』というのは全面的にポケモンの乱数調整に否定する意味で使用しています。
では、ここで言う『消極的』とは何か?というと、『気持ち的には本当は使うべきものではないし積極的に使いたいとは思わないが、他人の使用については認めるし自身もやむを得ない時に使用する』という意味です。

以前のように乱数自体に嫌悪感を抱く事はなくなりました。それは他者には他者のスタイルがあり、乱数を使用する事もまたひとつのアイデンティティだと気付いたからですね。逆も然りで、乱数を使用せずともポケモンの対戦が強い人はいくらでもいます。
乱数を積極的に否定する行為はその方へのアイデンティティを侮蔑する事に変わりなく、今までは自分の意見を人に押し付ける行為をしてきたと感じ自身を恥じた、というのが方向性を変えた理由です。

指針変更にあたって、まずは乱数を知る、いわゆる『ガチ勢』を知る(あまりこのガチ勢という言葉好きではないですが^^;)事も重要だと考え、自ら乱数を学び乱数産ポケモンを使用し作成したのが先の対戦恐怖症がレート動画です。
実際使用してみて確かに乱数調整は非常に便利だと感じましたし、ある種の楽しさも見出せましたが、僕は今でもこの乱数調整に対して抵抗感が残っています。多忙や育成モチベーションの低下等がない限りは使いたいとは思いませんし、僕が好きな草ポケモンについては例えどれだけ時間や意欲がなくても絶対に孵化厳選で育成したいというプライドがあります。

また、乱数調整について、僕は乱数使用または乱数の話題を自ら公言する事は絶対にしないようにしています。これは僕が公の場で乱数調整について述べている方を嫌悪しているからです。
世間や僕がどう変わろうが大前提として乱数調整はグレーゾーンということには全く変わりなく、その意識だけは低下させてはいけないからというのが理由です。同じように嫌悪を抱かれる方もいらっしゃるでしょうし、そういった方々への配慮もしなければならない事項です。
僕が乱数調整ポケモンについてあまり触れなかった(最初のコメントにあった心境の変化について書かなかった)という理由がここにあります。非公式の場(友人同士の会話等閉鎖された空間という意味です)でならそれは当然干渉すべきではありませんが、twitterや生放送等多くの人目に着く場であまり乱数について喋りたくありません。
ですのでこのような以前との持論の差異について詳しく話す必要はないと判断し、今まで黙秘を続けていました。
……まあ、ここは『個人』ブログですので完全な公式の場かと言われれば違いますよね。結局のところ責任逃れに変わりないです。



終わりに
僕は自分の言葉に自信だけは持って発言しています。自信のない意見には価値がないと考えているからです。
ですので1年前の記事も今回の記事も紛れもなく僕自身の主義主張であり、根幹の主義部を曲げる気はありません。
今回の記事について何か意見がある方はお気軽にコメントしてみてください。
この件に関しては様々な場で議論しつくされた事項で結局平行線を辿りそうですが…


今回のブログは堅めな文章で読み辛くてごめんなさい。楽しく読める面白い記事を心がけていますが、今回はご了承ください。ポケモン以外の話題も書きたいね。また次回ご期待を!

 新シリーズ 

はい、というわけで新動画シリーズの始まりです。


まあ、動画についての裏話も色々ありますが、この記事ではこれからメインで使っていくPTの紹介をしていきたいと思います。


▼続きを読む▼

 やっぱりおとこまえ! 

お待たせいたしました。
前回から投げ出していたジュカインの考察の後編記事となります。
早速、前回の続きから筆を進めて…と行きたいところですが、その前に小噺をひとつ。

僕の高校時代の話になりますが、高校当時僕は遊戯王にハマっていました。
遊戯王ってTCGはあまりにもお金がかかりすぎるので今ではすっかり足を洗ってしまっていますが、よく高校生の財力で続けられたなぁと今では自分自身に感心するばかりです。
さて、僕が遊戯王をしていた当時の環境は『ゾンビキャリア』や『ゴブリンゾンビ』全盛期の時代。(遊戯王知らない人には解り辛い話でゴメンね)『生還の宝札』とゾンビモンスターの墓地蘇生のシナジー、『ゴヨウガーディアン』『氷結界の龍ブリューナク』等の強力なシンクロモンスターの台頭、更に遊戯王史に残る最凶のフィニッシャー『ダーク・ダイブ・ボンバー』によってまさに環境は地獄絵図でした。(まあ、その前の環境がドグマブレード全盛期だったんですけどネ…^^;)
そんな中、僕が遊戯王を始めた頃から一貫して使っていた主力デッキは『王宮の弾圧』や『スキルドレイン』『フォッシル・ダイナパキケファロ』等を中心にして組んだ【メタビート】。つまり、環境に対してメタを張るデッキを好んで使っていたんですね。

そんな僕のプレイスタイルは時が進んで遊戯王からポケモン対戦に変わった今でも表れていると自負しています。

どういう事か?
僕が好んで使っている草タイプというポケモンが環境に対してメタを張るタイプ種族であるという事です。
草タイプが環境へのメタになっているという事はこれまでも散々論じている事なので省略。問題は草タイプである今回の主役『ジュカイン』は現ポケモンの環境にどういう風に切り込んでいけるかという事です。

ジュカインというポケモンを遊戯王のカードに例えるのであれば、高い攻撃力制圧力で相手の行動を阻害する『ライオウ』や『死霊騎士デスカリバー・ナイト』辺りでしょうか?水タイプや雨パ砂パに対して高い打点から撃ち降ろされるその制圧力を例えるにふさわしいと思います。

では、本題。そのジュカインとピッタリのパートナーは何か?
遊戯王で言うなればフィールドを守るカード、『神の宣告』や『魔宮の賄賂』等の防御と攻撃を兼ね備えたカウンター罠的なカードではないでしょうか?

結論からズバリ。ジュカインと相性のいいポケモンは岩タイプです。
攻撃性能が高く、草タイプと相性の面からも有能である岩タイプ(草タイプの弱点である炎、飛行、虫に対して弱点を付ける上に弱点の水や地面は草タイプのカモである)、鈍足重火力が多い岩タイプとの役割の面からでも非常に優秀なベストパートナーであると言えそうです。

元々それなりに他タイプと組み合わせると真価を発揮する草タイプですが(草タイプというタイプ面だけを考えると例えば水タイプや炎タイプとも相性は良い)高機動低耐久のジュカインとタッグを組むにはそれを補える岩タイプを一緒に組ませた方がよりスムーズに役割を遂行できそうでしょう。


ここまでは文章での抽象的な説明でしたので具体例を挙げて解説していきましょう。

・ジュカインとのベストコンビその1 アバゴーラ
アバゴーラというと頑丈からの殻破りで無双を狙う型が有名ですが、ここで出すアバゴーラは以前紹介したこちらの記事に書かれてある(http://makironmaru.blog102.fc2.com/blog-entry-37.html )ハードロック型アバゴーラ通称『マヨゴーラ』と呼ばれる型での話として進めてまいります。(こちらのマヨゴーラについて詳しく知りたい方はマヨゴーラ発案の方のブログへ

以前にもPT紹介としてジュカイン+アバゴーラを軸としたPTを紹介しましたが改めてもう一度。
ジュカイン+アバゴーラ軸は強い!コレ

相性の面はもちろんの事、お互いに狩れるポケモンの範囲がかなり広く非常に攻撃的な布陣です。
また、アバゴーラが苦手とする水や水地面タイプ、ジュカインが苦手とする炎、飛行タイプをお互いがカバーしあえています。ここがミソですね。ナイスコンビネーション!
本来どちらも後出しし辛いポケモンなのですが、この弱点の補わせが功を奏して若干強引に後出しして相手の受けを許さずに狩る事が出来ちゃうのです。


・その2 テラキオン
さて、先ほど僕は『鈍足重火力が多い岩タイプとの役割の面からでも非常に優秀なベストパートナーである』といいましたが、テラキオンはどちらかというと低耐久高速ATの部類です。
役割被ってるじゃん。何故テラキオンがベストパートナー?と思われるでしょうが実際案外そうでもないのです。

このジュカイン+テラキオン軸ですが、現在制作中の動画の内容に抵触しているので動画完成後に宣伝と一緒に紹介していきたいと思います。(というか動画内でのPTのコンセプトの説明は一切行ってないので動画紹介記事と共にPT紹介していきたいと思っています。単体の紹介は動画内でしてるんですけどね。)



というわけで長々とジュカインに関しての考察を行ってきましたが、最後に一つ。
ジュカイン+岩タイプの致命的な弱点が存在している事に触れておきます。

それは格闘タイプの処理が非常に重くなる事です。

物理防御が紙同然のジュカインと格闘弱点の岩タイプだと当たり前ですね。
PTを構築する際は格闘対策を怠らないように他のポケモンで補ってあげてください。

以上、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
前篇でも申し上げましたが、僕のジュカイン考察はまだまだ未完成の段階です。
現在僕は草ポケモンを如何に現環境で活躍させる事が出来るかに重点を置いて研究しています。
ジュカイン他様々な草ポケモンが環境トップに君臨する……いや、させる事を夢見てここで筆を置こうと思います。

 云々カンヌン 

最初に予告
散々引き延ばしているジュカイン考察後編は12月中旬、日付を具体的に出すとおそらく12月11日から3日以内に書き記します。約束しよう!ウソついたら針千本ry

というのは理由があって……
ズバリ12月7日から行われるファミ通主催公式wi-fi大会に参加する為に構築中のPTの軸に触れる内容だからですね。(大会の概要についてはファミ通 ポケモン 辺りでググってくだs)
実は現在構築中というそのPTってのが、勝ちにこだわったいわゆるひとつのガチパでして…期限までに完成できたらそのPTで1本動画を作る予定なのです。これは本気です。
皆様から散々「動画マダー?」と言われ続けてきましたけど、久々の投稿はまさかの草動画でもゼルダ動画でもない完全別方向から投稿になるかと思われます。
できればシリーズ化してガチパ動画として続けていけたらなぁと、そんなふうなmy展望でしたとさ。

ガチパ動画とか正直昔の自分からしたら(つい最近の自分でも)考えられないのですが、少し違う世界に足を踏み入れて己を試してみる。そして、それを活かして今までの草統一に新しいアイデアを吹きこませてみるのもいいかもなぁと思い至った次第です。



あぁ…!!本当は予告だけ2~3文で済ませて一個書きたい記事があったのに…なんだか無性にこれ関連で詳しい事を書き綴りたい気分になってきたやん。朝テンション恐ろしい!!
今日バイトから帰って余裕あればもう一個記事書く!!()



えっと…草統一の動画お待ちしている方に
ごめんなさい。新作の草パ動画の年内投稿はほぼ絶望的です。


生放送をやめる少し以前より自分のポケモン対戦のスタンス、アイデンティティだったものに疑問を感じてしまい、現在その疑問を解決して再び確固たる信念にしたいがために迷走中であります。
今の今までちょっとしたモラトリアム()中なわけなんですが、その答えを後2ヶ月間で見つけて年を越そうかと思います。(まあ、そのきっかけになりうるかもしれないモノが先の大会かもなというわけなんですよ)
どう結論に達するかはわかりませんけどもしっかりと自信を取り戻した時は草パ復活になることでしょうね。

書いては消し書いては消し…どう書き記しても納得いかなくて結局上手く伝えきれない文章になっちゃったんですけども、どうしても一度書いておきたかった事だったんです。

草パ好きですし、草ポケモン大好きです。草統一を楽しみたい、もっと草ポケを活躍させてあげたい。 
それだけはずっと変わらない素直な思いです。






はい。夜明けテンションで妙にアンニュイな感情になったのでここで切り替えてオチつけときまーす

ゼルダの伝説風のタクト縛り実況について
ごめんなさい。次回作が更新できない理由は完全に僕の怠惰が原因です。(白目)


はい^^ 僕自身あげようとは『一応』思っているのでおそらくきまぐれに投稿されるかと思われます。気長に(ry


まあ、実況動画に関して実はも一個考えてる事があって、できればゼルダ終わらしてからの方がスッキリするし負担も軽くなるので…ささっと済ませちゃいたいね。でもたぶんトライフォース集めめんどいね(( やっぱ強制終了するかぁ?(

マキロン〇

Author:マキロン〇
マキロン〇というドMが日々精進している様子がわかるかもしれないブログです。

連絡用メールアドレス:makironmaru@yahoo.co.jp
ツイッター:http://twitter.com/makironO

Twitter ブログパーツ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。